体が不自由な方でも利用できる観光タクシー

車椅子を利用されている方の移動や観光などに利用すると便利なのが福祉車両を導入している観光タクシー会社の介護タクシーサービスがあります。これは普通の観光タクシーの会社が提供している場合もありますし介護専用のタクシー会社もあります。

最近では高齢化に伴ってこういった車椅子でも乗降できる福祉車両を取り入れている観光タクシー会社の数も増えてきており、ネットで検索すればすぐに多くの会社が見つかるようになりました。今まででしたら車椅子で旅行をするのはなかなか大変でしたが、こういった福祉車両の介護タクシーによる観光でしたら手軽に、そして気軽に旅を楽しむことができるようになったのは喜ばしいことです。

介護タクシーは大型車両に車椅子ごと乗り降りできるリフトが付いていたり、あるいはスロープがついていたりするタイプなど様々な仕様の車両があります。いずれもしっかりと車内に車椅子を固定することができるので安全に目的地まで乗車することができます。

観光タクシー会社が扱っている福祉車両による介護タクシーとしてのサービスには車椅子による乗車だけでなく寝たまま移動することができるストレッチャー付き車両を用意しているところもあります。ストレッチャーはそのまま大型ボックス車に積載することができるため寝たきりの高齢者の方々でも安心して輸送することができます。

また車内にはしっかり固定されるため揺れも少なく快適な移動が可能になっています。ストレッチャー付き車両を取り扱っている観光タクシーの会社は、やや少ないですが介護タクシーの専門会社をあたれば確実にストレッチャー付き車両を確保しているはずです。

車椅子やストレッチャー積載に対応している福祉車両を配備している観光タクシー会社では、こういった福祉車両のドライバーは福祉介護士やホームヘルパーなどの有資格者が採用されていることがほとんどです。ですから車椅子で乗降の際の介助やストレッチャーで乗車する際の細かい気配りや安全面での確認、さらには体に負担のかからない安全性の高い運転技術など日頃からしっかりと訓練を重ねているので、いざという時でもとても安心です。

介護サポートについての深い専門知識や経験があるドライバーが利用者をしっかりサポートして安全で快適な旅を実現するよう努力しているので信頼して任せることができます。こういった介護専門スタッフの運転による介護タクシーの出現により車椅子でも気軽に旅行ができるようになり、より行動の幅も広がるのは素晴らしいことですね。